人気ブログランキング |

娘の合宿

娘が月曜日から、大学のサークルで2泊3日の合宿に出かけておりました。

娘のサークルは、”歌舞伎サークル”。

最近従兄の中でもかなり”おもしろい”存在として位置付けされている娘です。
本人はいたって普通にしていますが、息子いわく「それがおもしろい・・・・」とこのと。

大学入学して、さてサークル・・・?と探していたそうですが、入部を決めたのが、”歌舞伎サークル”でした。
女子ばかり、それも1年生が少なく、顔見知りもいないサークルに入りました・・・

合宿はさぞ気軽な顔合わせに成るんだろうと思ってましたが、帰ってくるなり「疲れた~」

日光東照宮を毎日歩き、隅々見学して回ったとのこと・・・・。

大学に入ってから、運動とは無縁の生活をしてきておりましたので、疲れたのでしょう・・

これからの歌舞伎サークルの活動に注目です!
by 1narushimanoie | 2011-09-08 19:46 | 家族

姪の結婚

4日友引・・・。姪Mちゃんの結婚式でした。
e0143628_1112560.jpg


Mちゃんと初めて会ったのは、私が成島の両親、兄弟紹介された日でした。
当時4歳・・・妹のAちゃんが生まれてまだ9カ月の頃でした。
幼稚園に入るという3月の頃でした。人懐っこく、大人のまねをすることが大好きで、よく母のマネをして着物を着て、踊っていました。

Mちゃんは成島家にとっては初めての孫でしたので、伯父である主人は大変可愛がり、自分のことろで娘が生まれたら、大変なことになると、意識して『俺は長男を一番に可愛がるから』と宣言して子育てしてきました。(今では娘と大変仲良しですね~)


私たちの子どもが生まれ、妹や弟が生まれ、いとこの中でもお姉ちゃんになるとすべての子どもたちの面倒もよく見てくれました。
我が家で、先生ごっこはほとんど毎日!我が家の七五三のお披露目では、太鼓の演奏を息子と妹に教えて披露して、皆さんに喜んでもらいましたね。
中学生になっても、テニス部に入り、我が家の息子、娘、妹、弟4人に『ひろみ、いくわよ!!』と言わんばかりに、特訓を始め、必死についていく小さな子どもたちがかわいいものでした。

小学校の運動会でのマーチングの指揮をしたときには、毎日一所懸命練習している姿を近く見てきましたので、Mちゃんが緊張してお昼ご飯を食べられなかったときには一緒になってお腹がいたくなってしまったものでした。マーチングでは、緊張な面持ちで足を高く上げて一所懸命指揮をしている姿に主人は、大泣きしていたものです。「なんで、兄貴が泣いているんだよ~」と言われるほど・・・。そのころから、主人は涙もろくなってしまったようです。

昨日は、Mちゃんよりのたっての願いで”乾杯”のあいさつを引き受けました。

想像はしていましたが、最初から、涙声・・・。息子が「早すぎるよ~」

多くの愛情をたくさん受けて育ってきたMちゃん・・・これからはいただいてきた愛情をご主人やご家族の皆さんにささげて、幸せな家庭を築いていってくれることでしょう。
by 1narushimanoie | 2011-09-05 11:16 | 家族

父を思い出すとき

昨日は父の月命日でした。

母は欠かさずお墓参りに出かけ、父と話をしてくるそうです。

闘病生活が始まってから、両親は新婚時代に戻ったようにいつもそばにいました。
父は母がいなくなると、「お母ちゃんはどこにいった?」と不安げによく私に話していました。
「お母ちゃん・・・」という言葉は、まるで、子どもに帰ってしまったような言葉でした。健康に暮らしていたときは「お母さん」と言っていたのに、闘病してからは、「お母ちゃん・・・」。きっと心細く、不安でいっぱいだったのだと思います。
体が大きく、威厳のある父でしたが、病に勝てず、最後には子どもに帰って亡くなったこと、幸せな亡くなり方だったと思います。
by 1narushimanoie | 2011-09-03 11:44 | 家族

こんなふうにお昼寝をしています・・
e0143628_19134119.jpg


幸せですよね~もう残念ながら子どもたちは、このように一緒に寝てくれなくなりましたので、主人はムクを一緒に寝てくれる犬にしようとたくらんでいます・・・・ムクは・・どうなんでしょうね。

庭のユリが鈴なりに花をつけました・・・
e0143628_1916372.jpg

by 1narushimanoie | 2011-08-20 19:19 | 家族

娘の誕生日です。


生まれた日は、まだ梅雨明けされていなくて、病院の窓から曇り空を見ていたことを思い出しました。

当時は、エコーで胎児を見ることができたのが妊娠6か月くらいの頃だったでしょうか・・・
先生より『成島さん、お兄ちゃんいるよね~物事はいいように考えようねぇ。う・・・ん』なんて、
おっしゃるので、てっきり”これは男の子だ”と思い、名前も決めていました。

ところが生まれてみると『女の子ですよお!!』と。
びっくりして、あわてて入院中に名前を決めたいきさつがありました。

のんびりのびのびと育つように・・・と思いを詰めすぎた・・・ようで、その通りに育っております。
人と自分を比べない、人のことを悪く言わない、笑いのある一日を過ごせるように。

学校の先生からも『何が楽しいのかいつも笑っていますね・・・友達にも恵まれていますね』とのこと。

友達からも『天然を通り過ぎた天然…』という表現をされた娘。兄からも”少し変わっている妹”と紹介される始末・・・。
家族の中でも笑いがとれる存在です・・・・
by 1narushimanoie | 2011-07-11 10:01 | 家族

今日は七夕・・・でも空はあやしいですねぇ・・

結婚が決まった姪っ子のお祝いを購入に電気屋さんに向かいました・・
車中でダンナさんの話、お父さんの話、結婚式の話・・・を聞いて、自分の時を思い出しました。

私の頃はまだ派手婚時代だったので、大勢の招待客に囲まれて行いました・・・。
お色直しも2回は当たり前・・・の時代でしたね。

やっと教育費がかからなくなって自分たちにお金をかけられるようになった頃、私が結婚し、同じ年に弟が結婚した我が家では、相当大変な思いをしてきたのではないでしょうか・・・

割と現実的な姪っ子は、しめるところはしめるタイプですから、大丈夫かな・・・とは思っておりますが。

結婚式が本当に楽しみです!
by 1narushimanoie | 2011-07-07 16:25 | 家族