カテゴリ:家づくりの考え方( 73 )

お天気に恵まれたお正月でした

今年も初日の出は、藤代運動公園の丘の上でした

今年の主役は、愛犬むくと年男の社長成島です!なんと今年還暦を迎えます102.png
e0143628_15544542.jpg


創業当時の怖いもの知らずの勢いは衰えましたが、まだまだ新しいことへの出会いを楽しみにしています178.png

さて、工務店とは『地元の木や素材で地元の職人と社員で健康で快適で省エネで楽しい家を作り守っていく』ことを実践することが当たり前でした。
地元の街の良さを認識し住まう人々が幸せに住み続ける家を作り手側からだけでなく、住み手の思いも形にすることができるのが工務店と家づくりをする楽しさだと思っています。
今年も弊社では5月には恒例の『お客様大感謝祭』10月にはリフォーム『すまいる祭り』を開催予定です。
また各月に開催するミニイベントにも足を運んでいただくことで、社員や職人さんとのふれあいや体験をしていただけます。

家づくりは人生で最大の財産を作る大事業になります。
家を建てる目的理由と同様この会社で家を建てる目的理由が、私どもの家づくりに対する思いと一緒であれば楽しい家づくりができることを、ご縁をいただいたホームオーナー様との関わり合いに表れていると思っています。

今年も幸せ家族の家づくりに社員と”住まい工房ナルシマ職人会”の家づくりのプロ集団が一致団結します!
自分たちの仕事に誇りを持って地力を発揮します!

本年もよろしくお願い申し上げます。










by 1narushimanoie | 2018-01-07 16:50 | 家づくりの考え方

FPの家グループ事務局より発行された『☆☆☆工務店と建てる家づくり鉄則ガイド』が先日と届きました

e0143628_09263537.jpg
家づくりを始める前に知っておくことから、なぜ工務店で作る木の家づくりを選ぶのか、高性能な家ってなど現在お住まいになっている”家達人”の暮らしぶりも掲載されています。

家達人には当社のお客様が暮らしぶりを紹介!
各所にちりばめられている写真にも当社の職人さんの姿や現場が登場しています

これから『資料請求』のメニューに追加されますので、ご希望の方にプレゼントいたします




by 1narushimanoie | 2017-04-03 09:37 | 家づくりの考え方

 多くの家づくりに関わってきた中で、考え方変わった出来事があります。

それは、モノをもたない、便利さを追求しない暮らし方です

10年以上前にお母様と二人暮らしのための家づくりをされた方の暮らしは、当初「冷蔵庫なし、TVなし、洗濯機なし」でした。これは「食べ物は一日分だけ購入すればいいでしょ…TVはなくてもラジオでいいわ…洗濯は一人分(当初はお母様入院していました)だからまとめてコインランドリーでいいわ」とのことでした。
びっくりしましたが、暮らしぶりをみていたら、無理しているわけでなく、無駄もないのです。

もう一つのお客様はご夫婦二人暮らし。キッチンの提案の時に「加熱機器(つまりビルトインIHなど)はいりません」
えっ!料理しないのかな…
「いえいえ、料理は好きですよ~二人分なので一口の卓上のIHを2台置ける場所を作って、料理が終わったら、しまうことができれば、キッチンが広く使えるじゃないですか…」そうなんです!お二人はアイランドキッチンのカウンターでおしゃれにお食事をしているんです。

笑い話になりますが、この家の完成見学会のときに社長成島は換気扇があり加熱機器を取り付ける穴を施工するのを忘れてしまったと思い込み、見学者に「後日施工予定です」なんて説明していたとか。

現在でも、卓上のIHだけで料理し、調理が終わったら所定の場所に収納し、キッチン広々です。
「魚焼グリルの掃除もなく、ストレスがないですよ~」とのこと。
そして、こちらもTVはございません。
e0143628_11255027.jpg


考え方ひとつで家づくりもシンプルになります
by 1narushimanoie | 2016-02-28 11:40 | 家づくりの考え方


7人家族の家づくりが完成に向かって進捗しています・・・
043.gif
打ち合わせにはたっぷり時間をかけました・・・一つ屋根の下で暮らすためにはそれぞれの生活スタイルをうかがい、皆さんが気持ちよく生活できる動線を考えます。

大家族ですと”音”が話題になることが多いです。

我が家も両親と同居6人家族です。年齢を重ねると聞き取れにくくなり、テレビの音が大きくなったり、話し声が大きくなったり、トイレのドアを閉めなかったり…音がするのを嫌がったりするのではなく、音がすることで、相手の気配を感じる”元気だな・・・”と思えば、音があることが安心になります。

お子さんの声が響くのも元気な証拠!成長してしまえば、騒ぐこともなくさびしくなる時期がきっと訪れます。

ナルシマでは、大家族でのプランでは”気配を感じる”ということがテーマになっています。

吹き抜け、階段などから感じる”音”はさりげなく相手を思いやることができます。

我が家でも、ひざを痛めている母がお風呂に入るとき、たまに2階に上がるときにはさりげなく見守っています。母にとっては自分で動くことがリハビリとなっているので、ゆっくり自分のペースでできることを見守るようにしています。こんなことができるのも”気配を感じる”音が存在しているからだと思います。

I様ご家族の皆様が楽しみにしていただいているお引渡しは来月中旬です。067.gif

ご家族が参加されて行う床塗装会も間もなくですね。

環境のすばらしいI様邸…一番最初に住み始めたのは、どうやら”ツバメ”のご一家だそうです003.gif003.gif
by 1narushimanoie | 2013-05-26 10:50 | 家づくりの考え方

私たちの得意技とは

今日の新聞に『仕事とはお客様のお困りごとを自分たちの得意技でお答えすること』という一文がありました

地元に根付く企業としてはこの一文に会社の存在の意味が含まれていると思いました

では当社の得意技とはどんなことでしょう

それは、長持ちす家、省エネを実現できる家、材木商100年の木の家、広さ重視ではなく容積たっぷりの家、土地の良さを生かせる設計力、世界にひとつの家づくり・・・・

その得意技を実現する職人会は、創業時より信頼関係の続いている職人棟梁が所属している  みな共存共栄 一致団結している  新しいことへの挑戦も取り組む ”現場きれい”の精神が行き届く  

また社員は それぞれが役割に徹している  要望に対してどのように行動すれば喜んでいただけるか考える 自分たちの器量で直せることはすぐに対応する 名前で呼んでいただけるお客様に恵まれている
半歩先の提案ができるように勉強会には積極的に参加する・・・・


家づくりという人生をかけた大きな買い物は、所有欲や不便解消だけやまして安いという理由だけで買い物するということは実は少なくて、接客対応が良かったとか会社や職人の姿勢でご縁をいただくことが多いのかもしれません

日々忙しく過ごしていると、『仕事』という意味を忘れてしまっていましたが、今ここに存在し続けることができるということは皆様に必要とされているという証であると認識し、一層の努力挑戦ををし続けることが私たちの使命であると思いました

  
by 1narushimanoie | 2013-01-25 12:12 | 家づくりの考え方

収納部にLED懐中電灯!

最近の家づくりで社長がよく提案しているものです…

LED懐中電灯・・・

以前は階段下収納まで配線をして電灯をつけていましたが、このLED電灯を壁に設置することで十分明るさも確保できるし、停電時などには、懐中電灯として使用することができます。
e0143628_1019745.jpg

ちょっとしたパントリーにも設置できるので、案外便利かもしれません。
by 1narushimanoie | 2012-06-02 10:23 | 家づくりの考え方

第27回住まいづくり塾


昨日は27回目の住まいづくり塾でした。一年に2回の開催ですので、すでに10年を超える当社でも長寿のセミナーです。かねてより、家づくりの第1歩が大事としてきました。「○○工法」「○○断熱材」「基礎は・・」「構造材は・・・」・・・というところに初めは着目してしまい、勉強を進めるとだんだんとわからなくなってしまう・・ということになりがちです。

しかし、本当に大事なことは自分たちはどんな暮らしを実現したいのか・・というところが家づくりの一番大事なところです。いろいろな本や情報に惑わされて、大事なところを見失いがちですが、シンプルなスタートラインにたって考えてみませんか。どんな暮らしを実現したいのか、ノートに書き出してみましょう。



工務店にしろ、大手住宅メーカーにしても選択するポイントを加藤先生は伝えてくださいます。

10年以上同じ言葉が出てきます。『家の性能を数値で言える家づくりですか…』



昨日参加してくださった皆様には、伝わりましたでしょうか・・・

ゲストで参加してくださったホームオーナーのI様は、「今日参加された方々は皆さん勉強されていますね。私たちよりもすごいです・・・」と驚かれていたほどです。

ナルシマの家に住み始めて、半年近くになりますが、実際の光熱費(電気代)や住み心地などとても参考になるお話が聞けましたね。オール電化住宅の賢い電気の使い方を実践されている様子は、優等生です!さすがですね!
by 1narushimanoie | 2011-03-06 15:04 | 家づくりの考え方


昨日は H様とのお打ち合わせでした。22日23日の見学会のお施主様です。いよいよカーテンなどの色決めに入ります。私どもでは、家づくりノートの作成をお勧めしておりますが、H様の奥様もかわいい自由帳にイメージの切り抜きを貼って打ち合わせに参加してくださいます。

 主寝室のイメージ、洗面のイメージ・・・カーテンを決める時や照明など色決めのときには、参考になる資料です。

 家づくりノートには、希望を書き連ねた内容であったり、イメージの切り抜きを貼るノートなどあるといいと思います。

ノートの作り方としては、こうなりたいなという(wish)を書き連ねます。最初は箇条書きに

何でも・・・。たとえば「庭を見ながらお料理をしたいな」「二階にお風呂があって、ちょっと外にでれる場所をつくりたい・・でもお隣の視線を気にしない場所で!」・・・など。

書くことで家づくりの方向性がまとまってきます。優先順位が決まり、実はシンプルな内容に変わっていくものです。あるご夫婦は家づくりがきっかけで、お互いの気持ちがわかったとおっしゃっています。それは和室を作るかどうか・・・でした。なぜ必要か、どんな和室か・・などとことん話し合い、出来上がったのが、リビングにつづく、小上がりの和室。たくさんのお客様をお呼びする機会の多いご夫婦は、長いテーブルと小上がりに置く座卓をつなげて、たくさんのお客さまとの食卓を楽しみます。

まずは雑誌などからの情報で憧れている暮らしぶりを取り入れつつ、本当に自分たちの暮らしに合う家づくりへと変わっていきます。

 イメージノートには、雑誌などの切り抜きを貼ります。色のイメージ、形のイメージなど口だけでは伝えきれないことを表すには一番良い方法です。

 切り抜きだけではなく、生地などもいいですね。作っていくうちに自分の好みも見えてきます。

色や形、素材など選んでいるうちに自分で分かってきますね・・

 

自分たちの希望が見えてきてそして予算や土地の特徴などから実現できること、また形を変えて実現できること、またあきらめること・・精査することができます。

『家づくりのwishノート』
あなたもぜひ作ってみませんか
by 1narushimanoie | 2011-01-16 10:13 | 家づくりの考え方

 昨日は お引き渡し5年目点検にN様邸に伺いました。
N様邸は、大きな道路からよく見える好立地にありまして、来店されるお客様とお話をしていると話題にあがるおうちです。

 以前こんなことがありました。
 来店された方から質問がありました。
 「あのおうちは、窓をあけているときがないようですが、なぜ窓をあけないんですか。窓を開けないと暑いですよねぇ」
 
 ナルシマ「あのおうちは窓を開けないほうが家の中が快適なんです。サラっとしている空気が漂っていますよ・・」
   「えっ!どんなおうちなんですか・・・・」

 ご質問してくださった方は、私どものお話を聞いて納得してくださり、3年前にナルシマのおうちを建築してただいま快適に暮らしていただいております・・・

 またN様はご両親にも住み心地を伝えてくださいました・・・
 今年の夏は猛暑でした・・・
 ご両親は、暑くて暑くて、寝室がある2階には、クラクラしてとても日中に上がれなかったくらいだったそうです。
 そんなときN様がナルシマの断熱リフォームの話をしてくださり、すぐご連絡をいただきまして、即着工となりました。まずは天井断熱から始めるために調査をすると、天井には全く断熱材が敷かれておりませんでした。

 これでは、猛暑の暑さが室内に入り込み、とても2階にはいられません。屋根裏の温度は60~70度!エアコンもフル稼働でもとても追いつけない暑さです!
 天井断熱をしたことで、うゎっ!!とする暑さが2階に漂うことはなくなりました・・・

 続いて内窓リフォーム・・・。毎年張替が大変になってきた障子もサッシを障子柄にすることで張替の手間がなくなり、また明るく、暑くない(寒くない)和室となりました。冬の現在は結露が見られないこともうれしいことですね。
 今年はエコリフォームに住宅エコポイントもつきましたので、家電も新しくできてさらに快適に暮らしていただけることでしょう。

 実際に住んでいる人から伝えていただくことは、本からの知識よりも明らかですね。
 
 どうしておうちは窓をあけないんだろう・・・と疑問を持ってくださった方も実際にナルシマの家に住み始めてご実家のリフォームをご紹介してくださいました。
 この快適さは体感した人から伝わります。

 夕方太陽光発電を乗せていただいているM様邸にも伺いました。「うちは5年迎えていますが、今でもこの家は、”働いてくれる家よ!”」と。売電額が倍になり、電気料金は、ほとんどかかっていないそうです!
 この冬は寒さがまだ本格的ではないのか蓄熱式暖房機をまだ使用されていないそうです。「だって使わなくても家の中は、20度あるもの!すごいわよね」と。

 断熱とは、外からの空気を中に入れない、中の空気も外に出さないことです。夏快適に暮らすことができれば、冬も快適にくらすことができます。

 快適に暮らすことが楽しくなってくるそんな家づくりをこれからも多くの方がにお伝えしていきたいと思います。
by 1narushimanoie | 2010-12-13 09:24 | 家づくりの考え方

久しぶりの更新になってしまいました・・・「あ~今日も更新されていない・・・」と思ってご覧いただいていた方ごめんなさい!

 ①吉田トシコ先生が、このたびPHP研究所より発行された「増刊号くらしラク~る」に”配置換えで片付くおうちに!”という題目で掲載されています。早ラク家事の法則のひとつとして、吉田先生の”図面に落とし込む”内容が紹介されています。当社主催の「収納大学」に参加された生徒さんはご存知ですね!
 当社の吉田先生の収納セミナーは3月開催予定です。お楽しみに!!

 ②地元密着型の住宅情報誌「家づくりガイドvol.5」が発行されます。当社ではお引き渡しをしたI様邸を取材させていただきました。ただいま校正中・・・!無垢材のやさしい色合いが美しいページになっています。今回は私が担当者としてお話をさせていただきました。一緒に遅くまでお打ち合わせをしたこと、ご夫婦ともに忙しい中時間をつくってショールームに足を運んでくださったこと、お子さんも一緒に悩んでくださったこと・・・・思い出があふれる家づくりでした。発行は12月末です。ふぁいんぷれいす1月号で抽選でプレゼントさせていただきますね!
e0143628_1943991.jpg

by 1narushimanoie | 2010-12-09 19:08 | 家づくりの考え方