人気ブログランキング |

<   2008年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 ふぁいんぷれいすコラムを担当していただいているホームオーナー様のN様から、メールが届きました。
 4月に自転車レース5月にトライアスロンを控えてトレーニング中とのこと。とてもスポーツが苦手で最近までカナヅチだった方だとは信じられない・・と皆さんから言われるくらいの生活です。

 さて、4月号のコラムは「眼力のススメ」。  建てる側が家をつくることに対して勉強をするのは当たり前でそれと同じく自分たちの家づくりに対してのパートナーとの相性を見極める力を身につけましょうとの内容です。

 また、施主がビルダーに求めるものは、「自分にできない部分の手助け」であるということも
強調されていました。イメージどおりの家じゃないとぼやくのであれば、それはパートナーを選んだ自らの眼力不足ではないでしょうか・・とのこと。

 とかく、結果が悪いと相手のせいにする世の中の流れの中で、ある意味「自己責任」を話されています。大事業である家づくりに対して覚悟を決めてパートナーを決めるのも自分ですよ・・とのこと。工法、性能、設計力も大事ですが、なにより大事なのはパートナーとしての相性であるとのことです。

 家づくりは、お見合いが大事。お付き合いを始めて相性がよければ結婚!!生活が始まると”こんなはずじゃなかった”と思ってしまうこともあるかもしれません。でも”許せること”!”我慢できること”を乗り越え長い結婚生活になるのです。もし、離婚にいたったときには「自己責任」。”見る目がなかった!”のでしょうか。

 N様はご自分の家づくりに大変満足をされています。それは、そこに費やした時間が大変充実をしていたことを示しています。土地探しから始まって、私どもとの出会いそして工事中の出来事・・現在と「健康で快適な家」に暮らされて「健康」を重視した生活を楽しんでいるご夫婦です。

 今後もふぁいんぷれいすのコラムは続きます。バックナンバーご希望の方は0297-73-6911までご連絡ください。また、N様が執筆された本「家と人。」もプレゼントいたします。
by 1narushimanoie | 2008-03-21 11:13 | 家づくりの考え方

” 家守り”いたします

昨日より、雨漏り修繕工事をさせていただいているホームオーナー様お宅に伺いました。雨風が強くなって、養生シートが外れてしまいました。あいにく本日は祝日で社員が休み・・となれば私の出動です!

 社長が打ち合わせに出ている間、社長の弟に連絡をして協力をもらい、現場へ・・。
身軽な彼は、さっと手際よく養生してくれて、夜心配のないようにしっかりと補修しました。

 社長が戻り、奥様のお話を伺うと「12年経つんですよね・・主人も10年住むことができました。この家は気に入っていました・・」とのこと。

 ナルシマでも最初のころの「FPの家」。構造研学会をしてもだれも来場がなく皆さんに理解をしていただくことに苦労しました。この家のデザインはいまでもかなり斬新で、土地を有効活用するナルシマの特徴が表れています。

 いつまでもご家族の大事な思い出とともに成長するナルシマの家。これからも長くすみ続けることができるように私たちは”家守り”をさせていただきます。

 
by 1narushimanoie | 2008-03-20 19:00 | 現場から

成長を感じます

 きのうの出来事・・試験休み中の息子とつくばみらい市の”たかくら”さんでランチを食べました。
 こちらのランチは、小鉢に切り干し大根、ほうれん草の胡麻和え、豆腐、おから、ひじき、・・など”体にいいもの”のオンパレード!小さいころの息子は、野菜が苦手でしたのでほとんど手をつけることができませんでした。ところがほうれん草の胡麻和え、もやしの炒め物、サラダ・・と食べる食べる・・「大丈夫だよ、もう食べられるよ」と。・・以前でしたら「これはいらない」といってよけていたのにすっかり食べることができていました。

 いつまでも小さなこどもと思ってしまっているのは、親だけですね。そういえば、最近”親知らず”がでてきているようで、痛むとのこと。親の背をすっかり越してしまった息子をまじまじ見て着々と親離れをし始めているのだな・・と成長を感じる出来事でした。
by 1narushimanoie | 2008-03-19 21:49

春のお彼岸参り

 主人の高校時代の親友・・どんなときも多くの友人たちと一緒の時間を過ごした仲間でした。ある日突然交通事故で亡くなり、早21年になります。・・タバコとコーラが大好きだった友人にタバコをやめた主人が毎年吸わずに火をつけてお供えしています。

 当社創立時のメンバーでした工事部長・・この方は、4年前突然お亡くなりました。社長であります主人がもっとも信頼していた工事部長で前職の先輩でもありました。プライベートでは、マージャン仲間で結婚当初奥様から冗談で「ナルシマくんと結婚してくれてありがとう!」と言われたものでした。
 生きていたら今年は、57歳でしたね。・・  生前「社長俺のことは心配しなくていいよ!退職金はいらないよ」とまでいってくれたことを思い出します。

 そして、私の父・・1年半の闘病でした。頑固な親父が最期には、母を恋しがる子供になって天に召されました。亡くなって時々思い出すのは、自分の思考や癖に”父と一緒!”と感じてしまうこと・・・そして、育ててもらっていたころの私は、生意気でずいぶん心配をかけていた娘でした。
 生きていたら71歳・・孫好きなじーちゃんでした。

 大事な人を亡くした悲しみは、忘れることができませんが、私たちは今を一生懸命生きなければなりません。今自分に与えられている時間があるということに感謝します。
by 1narushimanoie | 2008-03-18 10:21

 本をたくさんお持ち方の悩みは、収納!大好きな本を捨てることも忍びないし、置き場所に困って階段においている・・・なんてお話をよく聞きます。そこで最近ご依頼が多いのは「本棚」作成。空間を最大限利用した本棚は大工が作る世界にひとつの本棚。
 間仕切り代わりの本棚でもよし、壁面全部収納の本棚でもよし、私だけの大好きな図書室に変身です。

 今回のお客様の本棚のデザインは、メンバーのH担当。大工のU大工が丁寧に作りまるで売り物のようにきれいに仕上がりました。

 大好きなものに囲まれて暮らす・・・これが生活の達人の姿です!
 完成が楽しみですね・・・!

 
by 1narushimanoie | 2008-03-17 17:13 | リフォーム

 先日会社の経営計画をつくる合宿セミナーに参加して出会った広島の建築会社の会長Y様からうれしいお電話をいただきました。Y会長は、女性社長として亡きご主人と経営していた工務店を引き継ぎ現在は社長業を娘さんに譲り会長職として会社を経営なさっています。
 現在にいたるまでには相当のご苦労をなさって今に至るY様ですが、やはり一番のパワーの源は「子供の存在」だったようです。突然の出来事に対応できる能力に長けているのは、女性のほうかもしれません。
 ”がむしゃらに頑張ってきた”とおっしゃるY会長。とにかくいろいろなことにアンテナが高く、挑戦なさってきました。「やろうと思ったらできないことはない」・・現在もいろいろなセミナーに参加されて”自分を磨く、高める”ことを積極的になさっております。

 お話を伺いながら、年下の私はまだまだ経験が浅い・・と感じるとともにパワーをいただきそして蓄えなければいけないな・・と感じました。

 Y会長から「ナルシマさんはまだ若いんだから、もっと頑張れるわよ!」経験の浅い私に”うちで使ってよかったから業務でつかったら・・”と参考になる資料を送ってくださいました。

 女性としての心配り・・視点は参考になり見習うべき姿勢です。
 「学ぶことはまねること」・・いいと思ったことは、まねる。合わないところは修正しながら自分のものにする。子供も親の行動、言動をまねることから始まります。
  「子は親の鏡」・・「社員の行動は会社の姿勢の表れ」・・
 お客様から注意を受けることもほめていただけることもすべては自分たちの言動の表れです。
 Y会長の会社がすばらしく伸びているということは、Y会長の姿勢がお客様に受け入れいていただいているということなのですね。

 今回いただいたご縁をありがたく頂戴して私の”あるべき姿”への実現に近づくよう経験を積んでまいります。ありがとうございました。
by 1narushimanoie | 2008-03-16 11:44 | 出会い

うれしい出来事です。

 今朝8:30ごろ「おはようございます!」と先月お引渡しをしましたO様が来店してくださいました。最終工事終了のお礼と感謝を込めて・・・と社員と私たち夫婦に・・とプレゼントを抱えていらしてくださいました。
 「快適ですよ!!」と奥様と健康で快適に暮らされていることをお話してくださいました。

 また、家をみたいとおっしゃった方にみせてあげたら、”ショック受けて帰ってしまった”とのこと。どうやら、もう建築中で、あまりの差に驚いてしまったとのこと。O様は「家づくりのコンセプトをとことん話さなければだめだよね。・・・」

 お施主様の思いをどれだけ表現することができるか・・お施主様との相性もあると思います。
O様は私どもよりも目上の方で、設計者、工事監督もすべて年下であるにも関わらず、その道を専門でやり抜いている人間として認めてくださって信頼をしてくださるすばらしい方です。
 信頼をしていただいたメンバーは、棟梁をはじめ、全員が全力を込めて、お施主様に喜んでいただけることを喜びとし、与えられた仕事を全うします。

 帰り際、ご主人が深々と頭を下げてくださった姿に感動と私どもを信頼してくださったことに感謝申し上げます。

 
by 1narushimanoie | 2008-03-15 11:20 | お客様の声

 業務は日々進化している・・・同じことをしていれば簡単ですし、安心ですが、日々同じ日はありません。お天気もそうですし、出会いもそうです。ですから、私たちの業務も基本的なことはあっても発生する事象に対して柔軟に対応できる体制と業務内容でなければいけないと思っております。流れの良い業務であれば、一番いいのですがすべてがうまくはいきません。
 そこで、”業務を見直しもっとよくしよう勉強会”をいたしました。司会は私。どのように話したら意見がでやすいか・・理解できる内容になっているか・・など前日まで、マネージャーに相談したり資料を作成しました。
 さて、本番。むずかしい顔をしたメンバーの前で話を始めると説明不足になってしまいます。そこで、マネージャーがさっと助け舟を出してくれて、みんなの意見が出しやすい状況をつくってくれました。

 「こうすればお客様わかりやすいんじゃないですか・・」「業者さんにはこうしてもらおう」とか、「社長にはここをお願いしたい・・」など今後の業務の流れがスムーズにいくいい話ができました。まじめなメンバーなので、一生懸命考えてくれるのです・・ちょっと気難しい顔つきにはなってしまうのですが・・心強いメンバーです。

 お客様の大切な財産を作ることを任されるということは、大変重要な任務であるということ。

 常に業務の整理整頓心がけ気持ちよく業務を進めることができるように努めます。
by 1narushimanoie | 2008-03-14 16:14 | スタッフと職人会

ご縁ですね。

① ホームオーナーのS様からうれしい近況状況が届きました。「60歳を過ぎて就職活動をしてきたんだけど年齢がネックでなかなか決まらなかったのよ。でもね、やっとこの間やっと決まったの!やさしい面接担当の方で、すごく感じのいい会社なのよ・・すぐに決めていただいてうれしかったの!」と。よくお話を聞いてみるとなんと当社のホームオーナー様の会社でした。S様も喜んで「ご縁なのね!うれしいわ!」とおっしゃっていました。定年退職をされても”体は元気”。次の仕事を考えることも当たり前の世の中です。自分の可能性をもう一度確かめる場を見つけられるパワーは、もしかしたら「若者には負けない」かもしれません。
 S様のあたらしい生活がすばらしい日々でありますように・・

②ショールームで、打ち合わせが2件ありました。するとお客様から「あら!」・・もう一組の方「あら、まあ!」と・・お知り合いの方でした。以前より当社でリフォームをしていただいているN様は、ナルシマのことを「わが社」と表現してくださいます。社長はその言葉をいつもありがたくうれしく思っております。これから建築予定のM様も更に安心していただけた出会いでした。
 N様の今回のリフォームのひとつには、たくさんの本を収納する本棚を製作!担当者は毎日”使いやすい””大工さんが施工しやすい”をポイントに絵を描いています。オリジナルな本棚完成は3月末ごろ・・楽しみですね。
by 1narushimanoie | 2008-03-13 10:04 | 出会い

 私は、幼児教育の短大に通っておりました。
 そのときの友人とは、卒業後毎年3月に子連れで旅行にいっております。メンバーは、7名。参加当初は独身で、結婚し子供が生まれたらおんぶ姿で参加したものです。私も2人目が生後5ヶ月で、2歳になったばかりの長男を連れて箱根にいきました。友人に助けられながら、5ヶ月の娘を温泉にいれたり、電車の中で寝てしまった息子を引っ張りだし、大変な思いをしながら、でも参加できる楽しさに喜んでおりました。
 この旅行も今年で24回目。一番上のお姉ちゃんは23歳になり、一番下はまだ3歳。 年に1回の旅行でも小さなころから会っているので、不思議と子供たちは仲良くなります。そしていつも「また、来年ね!」といって次の年会えることを楽しみにしておりました。
 
 母親になった今でも私たちは学生時代の話に盛り上がります。そして容姿の変化はあるものの仲間への思いやりはかわらず、そして勇気をいただいてきます。

 なんでもないことを話せる、笑いあえる友人がいる幸せを感じています。最近は皆仕事や子供の事情で100%参加が難しくなりましたが、形をかえても年に1回笑いあえる日をつくっていこうと思います。
by 1narushimanoie | 2008-03-12 11:01