今日は、午前中は守谷市内で当社のミニコミ誌”ふぁいんぷれいす”をポスティング!公園が多いこのあたりは、秋の深まりが感じられ、足取りも軽く2時間ほど配ってきました。

 ここは8年ほど配っているエリアで以前担当していたポスティングレディの方の対応がよく、玄関先でお渡ししても「いつも見ていますよ」と好印象をもっていただいているようです。
 今月号は、皆さんに参加していただきたいイベント情報が盛りたくさんなので、ポストインするときにも気持ちの入れ方が違います!「どうぞ皆さんいらしてください・・・」と一枚一枚に心を込めてお届けします。

 午後は、11月のイベントのひとつ30日(日)開催する「収納コンサルタント ヨシダトシコ先生」との打ち合わせ・・・。ヨシダ先生は、テレビチャンピオン、笑っていいとも、金スマ等に出演された収納コンサルタント!
 私の友人が以前自宅のリフォームのときにお世話になったことがきっかけで今回ご縁をいただきました。
 初めてお会いするのになぜかずっと前からお会いしていたことがあるかのようにフレンドリーに打ち合わせが進みました。
 「整理、整頓、片付けはそれぞれ意味が違うのよ」
 「捨てられない・・・と自分で気づくことができたら捨てることができます」
 「誰がどこでどうしたいか・・これが間取りを考えるときのポイント」・・・と私たちが知りたいところを的確に指導してくださいます。
 現在プラン打ち合わせ中の図面を見せると、的確な質問が・・・「この向きに開くと掃除機の出し入れがいいですね・・・収納は入れるものによって奥行きが変わります・・・」

 収納からの観点で見るプランは、まさに「奥様目線」!
 プランを提案する社長も「うーん!」と感激の声を上げていました・・・

 11/30(日)14:00から2時間。モデルハウスひだまり亭で、実際のキッチンまわりの収納の提案を交えながら、”収納とは・・・””物を片付けるとは・・・”を皆さんと一緒に考えていきたいと思います。20名定員です!お申し込みはお早めに・・・・。
 なお、11/2発売の「すてきな奥さん」にヨシダ先生の収納術が掲載されます!ご覧下さい!

 詳しいお知らせはhttp://narushimanoie.comをご覧ください。
e0143628_1903949.jpg

by 1narushimanoie | 2008-10-31 19:08 | 出会い

資材ステーション・・・・と名ばかりでしたところが、生まれ変わりました!この2日間で大工2名で棚を作ったり、資材を立てかける場所を作ったりと整理整頓がされてきました。

 今日は、金物類が入っている倉庫もわかりやすいように分けて整理をしました。「これで何がどこにあるか一目瞭然ですね。俺たちもわかりますよ・・・それにしてもたくさんありますね。」

 普段の業務ではやりきれないところを大工さんに頼みましたところ、さすがプロ!自分たちもわかりやすいように考えてくれて、まぁなんときれいなこと!

 これで、持ち帰ってきたものは所定の場所に返すことができますし、また在庫管理もばっちりです。誰もが見やすくわかりやすくすることは、すべての業務に繋がることですね。
 大工さんに感謝です!
 明日ももっときれいになるそうです・・・楽しみです!
by 1narushimanoie | 2008-10-30 20:00 | 現場から

職人会の旅行

昨日おとといと2日間、社員と職人会の旅行がありました。今年は喜多方方面へバス旅行・・・。(私はお留守番・・)当日6:30に集合して元気よく出かけました。社員の中にはこの旅行を子どものように楽しみにしていて、上から下まですべて新調した装いで参加する気合のはいったものもおりました。
 今回のバスは、トイレ、ビールサーバー付デラックスタイプ!怖いものなし状態でした。

 どうやら、とても旅行は楽しかったらしく、今朝はメンバーみんな元気!元気!
 お留守番でした女性陣には、おみあげを買って来てくれる心配りも忘れずに気持ちの行き届いているメンバーです。

 職人会の皆さんもこの旅行を楽しみにしているとか・・・「うちは社内旅行がないので、楽しみです・・・」とおっしゃって社員同行で参加してくださる会員の方もいらっしゃいます。

 厳しい世の中ですが、こんなときこそ一致団結して荒波を一緒に乗り越えていけるのが、この職人会のメンバーです。おいしいお酒と温泉につかり、ラーメン、そばを楽しんだこの旅行でまたさらに結束が強くなったことでしょう。
by 1narushimanoie | 2008-10-28 19:58 | スタッフと職人会

昨夜は、A様邸のお庭にて”CDコンサート”にお呼ばれしてきました。
 300坪の広大な林の中のおうちでのコンサート・・・。招待を受けた20名の皆さんがそれぞれお気に入りのCDを持参して、デッキに置かれている”BOSE”のオーディオから流れる音楽を庭で楽しみます。
 お庭があまりにも広いので、お庭にいすがところどころに置かれていて、自分の心地よい場所で音楽を聴くことができます。この"BOSE”の音がすばらしく、目をつむると生演奏を聞いているかのような錯覚に陥ります。
 「夢は、ここで生のコンサートを開きたいのです・・・」
 雨上がりの昨夜は寒くなく、まさに野外演奏会にはぴったり!招待客の中にベースを持参してくださった方がいらして、”ワイルドワンズ””ベンチャーズ””奥村チヨ”・・・などなつかしのメドレーを堪能しました。

 皆さんご夫婦で参加なさって、かっこいいご夫婦ばかり・・・。残念ながら?私は友人と一緒に参加・・!新しい出会いに感激していた様子でした。

 
by 1narushimanoie | 2008-10-26 10:23

お弁当の思い出

息子の定期試験が始まりました。試験中は、早起きして学校で勉強をしたいとのことで、中学のときから試験5日間は、5:50の電車で登校します。

 お弁当がないこの期間は私は”楽”をさせていただいているようですが、本当は誰よりも早く起きて、”寝坊”をしてはいけない期間!目覚まし時計をかけていても”親が起してくれる”という安心感でぐっすり寝ている息子を見ていると、「まっ!頑張りましょうか・・・」と思ってしまいます。

 きっと自分の母親も私のためにこのような思いをして育ててくれたんだな・・と思います。
 私の母は、私が中学生のころから、13年間私にお弁当を作り続けてくれました。当時お弁当を隠して食べている友人がいたころ、私は堂々と2段弁当を広げて食べていたものです。必ず果物が入っていて、一緒に食べる友人に分けるようにたくさん入れてくれました。  
 母の得意なおかずは「鶏肉の照り焼き」。私は、おかずとご飯が混ざることが苦手でしたので、おかずとご飯を分けて、小さな重箱に詰めてもらいました。

 なんて、贅沢な娘だったんでしょう・・。このように育てもらった私の息子のお弁当箱も2段弁当!冷たくてもおいしいおかずを心がけ、お弁当箱がからっぽになって戻ってくる喜びを楽しんでいます。ちなみに私の得意なおかずは、”3色そぼろ弁当”・・・・。きれいに食べてきてくれる18番です!
by 1narushimanoie | 2008-10-24 17:13

 昨日は、「マンダラ経営セミナー」に参加してきました。
 先日の合宿セミナーでご一緒させていただきました経営者の皆さんにお会いしたり、前回の合宿でお世話になりました経営者の方との再会に感謝の気持ちでいっぱいです。「元気そうですね・・」と声をかけていただくことがうれしくて、思いっきり笑顔で答えてしまいます!

 会場いっぱいに全国からかけつけたメンバーは、、本当に志の高い皆さんです。毎月のこの勉強会では、自分の足りないこと、自分の強み弱み、なぜ、今目の前でこのようなことが起きるのか・・・仕事をさせていただいている意味・・・などなど、毎回4時間のセミナーでめいっぱい松村寧雄先生は教えてくださいます。そして、いつも気づくのです。「すべては、実体がない。空である。すべては、私の行為から発していることなんだ」と。
 あの人が悪いから、こうなったんだ・・・という人のせいではない。すべては自分。
 いいことがおこることも心痛めることが起こることもすべては自分。 
  「いやだな・・おいしくないな・・・」などマイナスの言葉は、ものすごい力で私の心を引っ張ります。ですから、どんなことが起きても「ついてる、ついてる」・・・。私に足りないことがあるから、教えてくださったんだ「ついてる、ついてる」。そう思うんです。
 この世の中は、いただいた恩は、お返しすることで、私も幸せになれるのです。

 経営者の皆さんに通じるものは、”乗り越えてきている”ということ。そして、”継続”をしていること。なんてたって”プラス思考”であること。
 
 毎月のセミナーで、新しい出会いがあり、気づきがあります。10年以上愛用している「マンダラ手帳」・・・。来年こそ隅々を使いこなして、自分の行動、考え方を先行管理していこうと思っております。
by 1narushimanoie | 2008-10-23 21:16

5年目点検・・・・

今日もよい天気に恵まれました。
我が家は、この季節2階のベランダに洗濯物を干しております。
ちょうどよい高さにシンボルツリーの柿の木があって、手が届くところに実をつけています。
「もうちょっと・・・」まだ硬い実をさわりながら、食べごろを待っています。

 昨日5年目点検に伺ったN様邸・・・。建築中に”現場監督”をしていた猫の「こびちゃん」がお迎えしてくれました。イペで作ったデッキに出入りしているこびちゃん・・・。木製の両開きのドアをご主人が開けてくれて自由に行き来しています。
 珪藻土で仕上げている壁は、珪藻土ならではのざらっとしたいい雰囲気・・観葉植物の緑がよく映えます。
 「5年を迎えましたが、いかがですか・・・?」
 「快適です。室内に洗濯物を乾かしてもからっとしていますし、もちろんカビも発生しません」
 デッキ側は木製サッシ、内部建具はすべて造作・・という正に手作りの家・・・。職人会の長老?の建具職人の技が光る建物です。
 5年目点検も問題も無く終了し、私のお楽しみは、ご主人とのジャズ談義・・・。
 「このCDいいですよ・・・」
 そんなに詳しい知識はありませんが、聞いていてしっくりくるのが、ジャズ・・・。
 何年か前にブルーノートでケイコ・リーを聞いてから、大ファンとなりました。

 つい長居をしてしまうN様邸・・・・。時間が過ぎるのがあっという間でした。
by 1narushimanoie | 2008-10-21 19:19 | お客様の声

昨日は、守谷市内において"構造研学会”を開催しました。当社では、見学会はほとんど予約制となっておりまして、ゆっくりご覧いただけるようになっております。
 こちらの現場では、棟梁の仕事振りもご覧いただくことができるラッキーな日!現場の生の声をきくことができました。
 「この断熱材が・・・。ここは梁をみせるんですよ・・・。」とお客様が想像しやすいように体を使って表現してくれます。
 「いやー!自分の家よりも現場のほうが快適で帰りたくないんですよ」なんて心憎いこともお客様に伝えてくれる棟梁です・・・


 そして午後、引渡しセレモニーに向かいました。半年かけて作らせていただいた家づくりには、関わったメンバー全員がとても強い思い入れがあります。
 遠方で、毎日現場にいることができなかった工事監督が感謝しておりましたのは、職人に対するお施主様の細やかな心遣いをいただいたことでした。
 職人を誘って一緒にお昼ご飯をご馳走してくださったり、現場では気さくに職人に声を掛けてくださったり、積極的に職人とふれあう時間を作ってくださいました。
 お互いを理解する機会を折に触れて作ってくださったことで、職人は”信頼”というものをいただき、120%の力と知恵とチームワークですばらしい家づくりとなりました。

 信頼というかけがえのない心で作る家には、お施主様の夢を実現しようという志の高いメンバーが募ります。職人会というプロ集団が、一致団結して作った家・・・・。
 セレモニーのときには、職人さんからの感謝の言葉がよみがえり、お施主様へ涙のお礼の言葉となってしまいました。

 私たちの家づくりはこうした”心が形になる家づくり”をさせていただいております。
お施主様の笑顔職人の笑顔関わったすべての人々の笑顔がいっぱい詰まった家!
 私たちが作りたい家は、こんな家づくりです。
 S様、私どもに笑顔と感動を与えてくださって本当にありがとうございました。
by 1narushimanoie | 2008-10-20 19:09 | 現場から

 この2日間相当忙しかったかな・・・?と振り返ってみました。この日記を更新することを忘れてしまうほどだったかしら・・・。なんだかとても充実した毎日を送っていたように思い出しています。
 16日・・・。最近とてもご連絡をいただくことを楽しみにしているK様より「また、ひらめいちゃったんです・・・!」とうれしいお電話をいただいて、おうちに駆けつけました。お話しているとあっという間に過ぎてしまう時間に驚いてあわてて会社に戻ったこと・・。
 雑誌社から取材の依頼が届いて、思わずK様邸を突然激写!!
 
 また、ご縁をいただいて11/30に開催予定の収納の先生吉田俊子先生とお電話にて打ち合わせ・・・・。元気な先生です。

 翌日は、月末発行予定のふぁいんぷれいすの企画打ち合わせ・・・。夜は元社員でした「岡本静子さん」の四川省地震支援コンサートへ・・・・。すてきな歌声で感動しました!

 そして、本日はFPの家9年目のオーナー様邸に訪問しました!とても9年目を感じさせない家で、すてきな暮らし方に感動・・・!してきました。

 なんだかばたばたと過ごしておりました3日間・・・。
明日は一番感動する「お引渡しセレモニー」です。・・・・とても楽しみです・・・。きっと社長は感動の涙を流すことでしょう・・・・・
by 1narushimanoie | 2008-10-18 20:26

親友の誕生日

 学生時代を共に過ごした親友がきのう誕生日を迎えました。
 毎年誕生日がくるたびに送るメッセージには、「元気?・・・」子育てをしながら一緒に頑張っている友人を思い投げかけるメッセージには、自分への応援が込められています。
 
 この親友と毎年3月の最終の土日に一泊旅行にいく仲間は、常連5名!子どもたちを含めると12名で出かけます。一番上は20歳過ぎて、一番下はまだ小学生・・・。温泉に出かけたり、ディズニーランドに出かけたり、中華街で飲茶食べ放題・・・なんて20年もよく続いています。

 忘れられない旅行は、下の娘が5ヶ月、息子が2歳の頃の箱根旅行・・・。まだ甘えたい頃の息子の手を引き、娘をだっこして、重い荷物を抱えて出かけていきました。”そんなにしてまで・・・”と今でしたら思うのですが、そのときは必死でした。「絶対にみんなに会うぞ!」と気合をいれて、出かけましたね。岩風呂にみんなでまだ5ヶ月の娘をいれてもらったり、荷物を持ってもらって、前と後ろで子どもを抱えたり・・・若さで乗り切った思い出があります。

 子どもたちは、もう高校生・・・。いまだにこの旅行を楽しみにしている息子からは、「今度はどこにいくの?」・・・。
 いつまでも20歳のころの気持ちを忘れずに生き生きとしているメンバーに出会える3月は私も心待ちにしているのです。「今年はどこにいこうか・・・!」
by 1narushimanoie | 2008-10-14 19:59