人気ブログランキング |

 職人会総会が終了しました・・・
 
大事な時間を費やしての総会では34社中27社の参加となり、皆さんの参加の意思の強さを感じることができました。
 今年のテーマは「共存共栄」です。職人会の皆さんからみると私どもは”元請け”と表現される立場ですが、私どもからしますとお客様の一生の財産と成る家を形にしていただく技術者の皆さんです。同じ目線、心、立場である方々ですので、同じ夢の実現のために「共存共栄」の心を大事にする仲間でありつづけたいと思います。
e0143628_1653234.jpg


 昨年からこの総会では一年の流れを振り返るDVDを流しております。特に昨年はお客様感謝祭を開催して職人さんの違う一面を見て、より親近感を覚えて帰られたお客様もいらっしゃいました。また、新築でお住まいのご家族の様子や、建築中の様子などご覧いただき、ナルシマの家づくりを違う面から職人さんに見ていただき、みなさんに喜んでいただいております。

 会終了後の懇親会でも「女房に見せたいので、一枚譲っていただけますか・・」と職人さんからうれしい一言が届きました・・そうですよね・・仕事ぶりはなかなかご家族に見ていただくことがありませんものね。
 このDVDは、今後お客様にもご覧いただく機会を作りまして、私の自慢の住まい工房ナルシマ職人会のメンバーをぜひご覧いただきたいと思っております。

 
by 1narushimanoie | 2010-01-31 16:18

本日は職人会総会です

 当社の職人さんが一同に会しまして、職人会総会を午後より開催いたします。
 
 現場を半日空けての会議は貴重な時間です。一年の報告も大事ですが、これからどうのようなことに力を入れて、住まい工房ナルシマとともに“共存共栄”していくのかがもっとも大事なことです。

 職人さん同士というものは業種によっては、現場で同じ時間をを過ごすことがない職人さんがいます。たとえば、基礎の職人さんと内装の職人さんでは工程上でなかなか合う時間がありません。ですから、このように一同に会する会議や懇親旅行などを通して交流を深め、同じ現場を大事にする仲間意識を高めていただいております。
 基礎屋さん・・・「俺が作らせてもらった基礎に建つ家はこんなにいい家になったんですね~」
 内装屋さん・・「自分たちが仕上げさせてもらう家の基礎はこんなにりっぱなんですね~」

 ひとつの家づくりにかかわる業種は30業種ほど・・・。大手住宅メーカーの職人さんは”ヨコのつながり”を作ることはできませんし、住宅メーカーでは職人さんのヨコのつながりを重要視しておりません。

 けれども、私たちの家づくりは職人さん同士のヨコのつながり=信頼関係がなければよい家は作れません。
 
 お互いが正直な仕事をしなければ、楽しい仕事ができません。職人さんが楽しく仕事ができなければよい家ができません。できあがった家はすべてを表しています。

 ナルシマの家づくりを支えている職人会・・・。それぞれがプロ意識を高く持ち、お互いを思いやり、お客様の喜ぶ顔を見ることが一番うれしい仲間たちです。

 今日の私の役割は、司会進行です。ナルシマメンバーの代表として元気に務めさせていただきます!
e0143628_9361393.jpg


 

 

 
by 1narushimanoie | 2010-01-30 09:37

 ただいま建築中のI様のお父様より、お誘いをいただきましてプロ顔負けの手打ちそばをごちそうになりました。
e0143628_1756262.jpg

 お父様のそば打ち歴10年以上の腕前!新築中の家にも「そば打ち部屋」を作ったほどの腕前です・・
 先日「今度来るときは、突然来るんじゃなくて、電話してきな・・・そば用意しておきますよ・・」とのお声をかけていただき、今回のおそばランチが実現しました。
e0143628_1814933.jpg

 
e0143628_1843786.jpg

 お母様の作ってくださった鴨汁
e0143628_1855653.jpg

畑のやわらかいねぎとまいたけと焼き豆腐がこれまたとてもおいしいんです・・・
  一緒にいただいた職人さんも「近所のそばやよりずーっとおいしいですよ、店にしたほうがいいんじゃないですか・・」とのこと!畑でそばの実を作り、石臼で挽いて作ってくれたそばは腰の強いなめらかなおいいしいそばでした。

 お孫さんもおじいちゃんのおそばの大ファンとのこと・・・そばが大好きな社長成島は「うらやましい・・・・・」

 お土産にいただいたそばの掛け紙には『I山庵』とかかれていました。
 ここに完全予約のそばやが誕生!?でしょうか・・・
by 1narushimanoie | 2010-01-29 18:25 | 現場から

息子が一人暮らしを計画しています・・
私をご存じの方はきっと「あら・・・さみしくなるわねぇ~」と声を掛けてくださることでしょう・・

 大学生になり、友人たちが一人暮らしをしている姿に「自分もできそうだ・・」「ぜひやってみたい・・」とついに行動にでました。
 両親は「寂しいね・・」と言っておりますが、私はやや強気でおります。
 「まっ、一人で生活してみれば・・」
 至れり尽くせりの状態で育った息子がどこまでできるか、また少々きたないところでも何とかなるということをどれだけ身につけることができるか、楽しみでもあります。
 着々とアルバイト先も一人暮らしをする予定のエリアに決めてきたようです。
 一度決めたら割と頑固に自分を通す息子です・・ここは私に似たようです。3月には実現できるように計画中です。

 一週間に一度は帰ってくるようにと言っているのは心配性の主人です・・息子は返事はしませんが。
by 1narushimanoie | 2010-01-28 21:48

昨日は、貴重な機会をいただきました・・・
 「銀座 まるかん」「スリムドカン」で有名な斎藤 ひとりさんの出陣式!・・・にいくことができました。
 場所は、新高輪プリンスホテル飛天の間。飛天の間と言いましたら、芸能人が盛大な披露宴を執り行うことで有名なところです。当日は思い切りまして、着物で行くことにしました。

 会場に到着すると1000人以上の人々が芸能人顔負けの衣装で集まっていました。始めは圧倒されて驚きの連続でしたが、慣れてくるとこの場では思いっきり明るく楽しい自分を表現することがこの会を堪能するポイントだなということに気づきました。
e0143628_1253278.jpg


 出陣式では、のぼり旗が各県ごとにあがり、さながら戦いに出かけるような音楽の中で司会の男性がまるでボクシングの試合のときのように名前を呼ぶ調子で「いばらきけ~ん隊  」と呼びあげ、旗手は雄たけびのような声を上げ入場してきました。
 「このようなたいや~くをおおせ~つかり・・・」といってまた大漁旗のような大きな旗には、それぞれ、「天」「武」・・・「朱雀」「白虎」「青龍」など舞台に掲げられました。
 

 普段はマスコミに顔を出さないというひとりさん・・・初めて御顔を拝見することができました。芸能人でいいますと”宇崎竜童さん”に似ている雰囲気で、声はハスキーで言葉尻が優しい方でした。

 印象的な話では 天国言葉・・「ツイている」「うれしい」「たのしい」「しあわせ」「ありがとう」「感謝します」・・と相手の喜ぶことを口に出すということの大切さを話されました。
 また、自分で「絶好調!」いうこともこのような時代には良いことを引き寄せる大きな要因であると・・。絶好調という基準は自分で決めればいいこと・・。何も100%でなくとも10%でも自分で絶好調の内容であれば「絶好調!」なんです。

 決して後ろ向きな言葉は使わない。悪い言葉は悪いことを連れてきてしまう・・・悪いことを突き放すためには、よい言葉を使いましょう。

 悪い言葉・・不平・不満・悪口・泣き言・文句を使う人は人の機嫌を取ることより、自分の機嫌を取ることが人生で大事なことと思っている人です。悪い言葉は悪いことが大好きです・・・自分のところに悪いことが起きるも起きないも自分の心持ひとつですね。

 さあ、今日も私は「絶好調!」です。
 
 

 
 
by 1narushimanoie | 2010-01-25 17:03 | 出会い

昨日は、松村先生のマンダラ経営者セミナーに行ってまいりました!今回より、会場が変わり新年より、気持ちもリフレッシュ!18階の会場からは、眼下に皇居、国会議事堂、東京タワーが見え、お上りさん気分です。
 虎ノ門パストラルでは、セミナー中は外を見ることができませんでしたが、この会場ではセミナー中に「ほらすばらしい夕日ですよ」と松村先生がおっしゃってくださり、全員で窓越しの夕日を楽しむことができました。

 セミナー後には、懇親会・・・。初めてお会いした女性は、20年ほど前に中国からいらして現在子育てをしながら、企業されている方でした。昨年初めて開催されたマンダラチャート学会に参加されて、このセミナーへ参加を決めたをおっしゃっていました。「経営はノウハウではなく、心ですね・・」・・。異国の地で企業し、社員を教育していくとはどれほど大変なことかと、頭が下がる思いでいっぱいでした。
 
 女性と若い方が(学生)参加されることが多くなりますますパワーアップしていく松村先生のセミナーは今年も毎回楽しみです!
by 1narushimanoie | 2010-01-21 21:46 | 出会い

昨日夜遅く息子が帰ってきました・・・
サークルの1泊合宿です。副幹事・・という役目をいただいているので荷物も多いし、遅刻はできないしと大変だと思いますが、楽しことには一生懸命!始発電車にのり、終電で帰ってくるというモーレツ社員のようです。

 振り返れば自分も同じような道を歩んできたのでしょうね・・・好きなことには時間も惜しまず、みんなと楽しい時間を過ごせることが一番の喜び・・。そうでしたね。
 私も両親に心配をかけました。自分では大丈夫・・と思っていても見ている親はずいぶん心配していたことでしょう。
 当時一緒に遊んだ友人たちとは今でも毎年子連れ旅行を楽しむ仲間です。 
 社会人から幼稚園生と幅広く子供たちが集まります。
 全員で温泉風呂にはいり、まさに裸の付き合い!遠慮なく「太ったね」「しわ増えたね」と言い合いができるのも幸せなのかもしれませんね。
 
今年は27回目の旅行になります・・。それぞれが忙しく毎日を過ごしていますが、なんとか1泊2日時間を作ってあのころの私たちに戻ります。
 
 
by 1narushimanoie | 2010-01-18 10:36

築8年になるFPオーナーのおうちにいってきました。
お花が大好きな奥様で、私もお花をいただいたり、育て方を教えていただきました。

 お部屋もきれいでリビングにたくさんのグリーンが飾られ、快適なお部屋です。「以前の家では湿気が多くて、ピアノもかわいそうでした。この家でピアノも快適で調律師さんにもほめられます・・」とのこと。
 キッチンもぴかぴか!奥様がいつもキッチンはすっきりとしていたいので”食洗機”は便利と思っていたが、終わるまで時間がかかるし、入れっぱなしにしたくないとのことで、現在は使用していないとのこと・・・なるほど!このような考え方もあるんだなと感心いたしました。
 洗ったら、すぐに拭いて食器棚へ! 

 さあ、明日は一日写真撮影日です。現場をぐるりと回り、職人さんの笑顔を撮影に参ります!楽しみです。
by 1narushimanoie | 2010-01-14 19:38 | お客様の声

昨日は、一日ショールームご案内をさせていただきました。何度足を運んでもショールームで打ち合わせをさせていただくことは楽しいものです。
 女性スタッフの方々の対応も気持ちよく、お客さまも私もゆっくりと考えることができました。
 
 家づくりで一番悩むところとなりますとやはり”キッチン”ですね。家族の健康を守る役目のキッチンはやはり家づくりの中心です。”機能””動線””色”・・・・など自分たちが望むもの、つまり今不便を感じているところをクリアするもの、またこうしたいな・・・という希望をかなえるキッチンを選ぶことが一番時間をかけるところですね。キッチンでは、細かく選ぶことができます。

 まずワークトップの高さです。身長が160㎝を基準に考えると85~86㎝のキッチンの高さがお勧めです。身長に合わせて5センチ刻みで高さを変えることができます。
 洗い場(シンク)の大きさも標準サイズと大きめと選べます。
 さらに吊り戸の取り付け高さ、水栓の機能、扉材、ワークトップの素材(人造大理石、ステンレス)換気扇の機能、加熱機器(ガス、ih)・・・・自分仕様に決めていく作業があります。
 特に住宅設備においては住まう方の生活スタイルが重要となりますので、当社の家づくりでは「このなかから選んでください」ということはしておりません。(生活スタイルに影響の少ないものに関しては選択してもらう決め方をしています。たとえば 雨樋とか軒天、幅木の色・・・)

 お忙しい毎日を過ごされている方にはもしかしたら時間がかかる大変な作業と思われてしまうかもしれませんが、家づくりは子育てと似ているかもしれません。大変な時期は一時期で過ぎてしまえば、「もう一度経験したかったな・・・」と思えるほど、エネルギーを費やした楽しい思い出となることでしょう。
 一緒に楽しく家づくりをしていきましょうね!
 
 
 
by 1narushimanoie | 2010-01-10 09:32 | 現場から

 各業者さん新年が始まり、ご挨拶に来社してくださいます。一番にいらしてくださったD社さん。支店長始めすべてのメンバーで元気のよい挨拶にいらしてくださいました。その後は次々メーカー業者さんがご挨拶に・・・。 
 内容は厳しい状況であるということがほとんどですが、元気な声、姿勢を見せていただくとこの人たちと一緒にこの荒波を乗り越えていこう!・・・と思ってしまうのは私だけではないと思います。
 
 同じように家を建てるお客様にしても私たち工務店が明るく元気で気持ちのよい行動であるが、信頼をいただける一つのポイントになるのでなないでしょうか。
 現在はどこも厳しい状況であることは確かなことです。しかしながら、そのなかでもご縁をいただき信頼をいただいている会社は、プラスの魅力がたくさん詰まっている会社です。

 「元気」「明るい」「楽しい」「正しい」「うれしい」「ありがとう」・・・・そんな言葉が職場にも職人の間にたくさん飛び交うような会社でありたいと願っております。
by 1narushimanoie | 2010-01-08 14:03 | 出会い