色を決める・・・・

23日に無事お引き渡しをしましたS様邸・・・。昨日引っ越しとなりました。見学会の日といい、昨日といい本当に天気に恵まれるS様邸です。スムーズに引っ越し作業が進んでいるところにお邪魔してきました。
 
 奥様チョイスのシェードは、この家の基本色”こげ茶”で統一!寝室だけ違うイメージの柄を選んだところがさすがです!
 基本の色とさし色を決めることで家の中が統一感が生まれますね・・生活していくとどうしてもいろいろな色が出てしまうので、色の分量を決めることは大きなポイントです。

 明日は、現場にてY様ご家族とお打ち合わせ、日曜日にはI様邸にて現場でのお打ち合わせとなっております。どちらも色決めの段階ですね。仕上げの段階に成ってくるとだんだんと家のイメージが具体化されてきます。図面で想像できなかったところや窓がつくことで家の明るさ、隣近所との距離が見えてきます。
 決めることのむずかしさ、大変さはあるもののそれをぜひ”楽しさ”に変えて家づくりをたくさん楽しんでくださいね!
by 1narushimanoie | 2010-02-26 14:19 | 現場から

お天気が心配な一日でしたが、なんとか持ちましたね・・。I様邸が基礎着工、そしてS様邸でS様ご夫妻と一緒に”みつろうワックス塗装会”を行いました。
 現場監督は、お天気が一番心配!昨日から「どうかな・・」と基礎屋さんと連絡を取っておりましたが、今朝7:30には着工を決め、今日の段取りは予定通り執り行うことができました。

 S様邸では、今日が塗装会ということでスムーズに行えるように昨夜から準備を進ませていたようです・・というのは、ペーパーを掛ける作業が残っていて今日塗装とともに行う予定でしたが、機転をきかせた吉田がどうやら夕べ懐中電灯片手に一人でペーパーを掛けていたようでした。「粉が飛び散るので、やっぱり夜のうちに終わらせていたほうがいいかと思って・・・」とのこと。
 
 おかげさまでS様とスムーズに塗装を行うことができ、奥様にも大変喜んでいただくことができました。
e0143628_1944044.jpg

 パインの床もみつろうを塗るとややピンクがかり、艶もでて、きれいな仕上がりになります。

 21日にはS様のご厚意で予約制の見学会を開催することになっております。間取りもさることながら、奥様のセンスが光る色遣いもぜひ参考にしていただきたい家づくりとなりました。
by 1narushimanoie | 2010-02-16 19:11 | 現場から

地鎮祭を執り行いました

 土曜、日曜日と地鎮祭が続きました・・
 どちらも大変寒い日で思い出深い日となりました。

 その土地の神様に家を建てるお許しをいただく儀式です・・・。感謝の気持ちとこれから始まる工事の無事を祈り、そこに住まう家族の幸せを祈願します。
e0143628_1844848.jpg


 鍬入れの儀式でも元気よく「エイ!エイ!エイ!」

 念願のご家族の夢がいよいよ始まります。

 私たちも気の引き締まる思いでいっぱいです。

 家づくりとはひとつひとつ決めていく作業が進み、これでいいのかな・・と思い悩むこともあるかもしれません。
 けれども決めてしまったら、もう悩まない。そのような気構えでいないと「家づくり」は大変だった~という気持ちだけになってしまうかもしれません。
 決めたら、家づくりを楽しむ!ということにぜひスイッチを切り替えてみてください!

 二度と味わえない家族の思い出がこれから始まります。
by 1narushimanoie | 2010-02-15 18:23 | 現場から

2月11日のこと・・・

この日は スケジュールが滞りなく進み楽しい一日でした・・・
 
 午前中に「寒川神社」にお札を迎えに行きました・・節分明けの祭日とあってものすごい混みようで驚きました!申込用紙を記入するのも外のテントの中で待つほどでしたが、なぜか私たちは運よく早く済むことができました。初めて読み上げる方が3人でこれまた驚き!「いばらきけん とりでし、こまば・・・」といつもなら一人の神主さんが読み上げてくださるのですが、さすがにこの日は3人が一緒に読み上げることに。耳をそば立てても聞き分けることが難しいほどでした。
e0143628_17425744.jpg

 午後は国立新美術館へ、「日本書作院展」へ行ってきました。
e0143628_17455079.jpg

 主人の従兄でもあり、お客様でもありますN様の作品が飾られていました
e0143628_17472222.jpg

 今回のテーマが漢詩ということで高2の娘は、先生に質問するために興味深く画像に納めていました。

 また他の階ではルノアール展も開催されていて、天気の悪い一日でしたが十分満喫できる美術館でした。

 最後の〆は・・・新宿に出て娘の買い物にお付き合い!春の流行は花柄!昔自分の気に入った生地を購入してスカートを作ったことを思い出しつい「作ってあげるね・・」と言ってしまいました・・・今年も流行のバルーンのスカートできるかな~
by 1narushimanoie | 2010-02-15 17:58

家づくりへの熱意

家を作る・・ということは、お施主様のパワーが必要です。

 家づくりに対する熱意が最も重要で「なぜ、家が必要なのか、なぜ、この広さなのか、なぜ、この空間なのか・・・」とまずは、家をつくるという点において「なぜ、なぜ、なぜ・・」と考えます。

 どうしても、住宅設備や床材などに目が行ってしまいがちですが、まずは自分たちがこの家でどうのように暮らしたいか・・・ということに着目すると、これからの自分また家族の在り方、10年後、20年後・・と考えることになります。するともしかしたら「こんなに仕切る個室は、何年後かには必要になくなるわ・・・」「10年後には、仕切りが必要になりそう・・」「2階は使うことが少なくなりそう・・・1階で過ごせるようなプランにしよう・・」・・など目先のことだけにとらわれないプランができます。
e0143628_1324554.jpg


 また、今大事にしている時間(たとえば趣味・・・)を過ごしたい空間づくりも重要です。これから家をつくる場合には、『自分の暮らし方を生かした空間づくり』が重要となります。

 ただいま打ち合わせが進んでおりますI様も忙しい合間をぬってこの家づくりのためにパワーを注いでくださっています。昨日もおよそ3時間ほど、息子さんも参加してご両親のよき相談相手となるように真剣に話を聞いてくださっています。ご両親の熱意は息子さんにも通じてきっと出来上がる家を大事にしてくれることでしょう。
by 1narushimanoie | 2010-02-07 13:03 | 家づくりの考え方

雪の節分でした

2/3の節分の日は思いがけず”雪の節分”でした・・・我が家では、主人が子供たちを連れて、家、材木店、住まい工房ナルシマに豆まきに行きます。
 長男の息子が「ふくは~うち」と大きな声でそして続いて主人、娘、私と「おには~そと、ふくは~うち」とご近所に聞こえるように豆をまきます。
e0143628_1013351.jpg

 だんだんと成長して”今年はどうかな・・”と思っていたのですが、息子は遅くならずに帰ってきました。豆まきは、自分たちの役割と思ってくれているようです。たくさんの福が訪れるように大きな声で「ふくは~うち」 

 
by 1narushimanoie | 2010-02-05 10:18

昨日の晩御飯は、”鴨汁うどん”!
 先日のI様の鴨汁にいたく感動した主人は、ある集まりで、この鴨汁そばの話をしたところ、「じゃあ鴨肉プレゼントしますよ・・・」と思いがけずいただくことになりました。

 鴨肉を扱うことが初めてでしたので、教えていただいたように作ってみました。
 すると主人が「ソバやで食べるより、おいしい!」と絶賛!!
 具はI様のお母様と同じように「焼き豆腐、まいたけ、ねぎ、鴨肉」

 きのうはそばがなかったのでうどん。「・・やっぱりIさんのそばはおいしかったなぁ」
 鴨肉のあぶらがほどよく出て、体温まりますね~

 

 
by 1narushimanoie | 2010-02-01 09:08