人気ブログランキング |

息子が戻ってきました


約1年間の一人暮らしを終えて昨日引っ越しをしました。

こちらを6時に出発し息子のアパートに到着したのが、8時前・・・。2倍ほどになった荷物を積み込み、掃除を終えたのが10時ごろ・・・。清掃業者の点検が到着するのが11時半なのでちょっと散策しようということで、下北沢の商店街をぶらりとしました。

ほとんどのお店のオープン時間は、11時半ごろ・・・・。10時ぐらいではまだ開店前の状態です。

かわいい洋服のお店、かっこいい靴やさん、おいしそうなカフェ、面白そうな雑貨やさん・・・。取手の街にあったら楽しいだろうな・・・・と思いながら散策しました。

古~い店構えの引き戸から、おばちゃんがガラガラ~と戸をあけると、おせんべいの工場でした。店先でお徳用袋を販売して、自転車でのりつけた常連さんらしき方が大袋を3袋買って行きました。壊れせんべい・・・おいしそう!!

残念ながら、素敵なカフェはオープン前でしたので、おなじみ”モスバーガー”で朝食を取りました。

たった1年間の一人暮らし・・・。親の心配をよそにたくましく育ってくれました。

得意の手料理は、キムチ入り野菜炒め!節約料理の定番です!
by 1narushimanoie | 2011-03-24 09:00

今を生きる


寒いお彼岸となりました・・・

思い返すと毎年この時期は、雪が降ったり寒かったりと安定しない気温でした。

毎年楽しみにしていた同窓旅行も今年は取りやめ・・。もう少し落ち着いてからランチでもということになりました。

今回の震災で勉強したことの一つに「いつでも会える」は、会えなくなることもあるんだということ。

高校卒業して、数十年・・・。いつでも会えると思って、年賀状では「また会おうね!」と書き添えていましたが、震災後友達にメールをしました。『絶対に5月までに、会いに行くね!』と。

最近は、子どもたちの成長に伴い、それぞれが忙しくなり会う時間も取れずにおりました。

でもこの震災で、”今思い立ったことは即行動しなければ!”と思ったのです。

病気をしたときの心細い気持ちのように、まだまだ不安が残る毎日ですが、命のある私たちは今を精一杯生きなければなりません。

『今を生きる』という言葉の重みをかみしめています・・・
by 1narushimanoie | 2011-03-22 08:58


午前中に神奈川県の”株式会社神奈川建築職人会”さんより、ブルーシート、土のう袋、ロープ一式が届きました。

震災直後、こちらでは瓦養生のためのブルーシートなど資材不足が見られ、懇意にしている”株式会社神奈川建築職人会”の小林社長に相談しましたところ、早速に調達してくださり、宅急便にて送ってくださいました!

うれしいです!

瓦の補修に伺いたくても、工場が稼働していなかったり、壊れた瓦が古すぎると同じものがなくて探すのに大変時間がかかります。

その間きっとシートをかけ直したり、ブルーシートはいくらあってもありがたいものです。

すぐに助けてくださるその気持ちがありがたいです。

神奈川より、パワーをたくさんいただいて、ナルシマメンバーがんばります!

ありがとうございました!
by 1narushimanoie | 2011-03-19 08:57 | 現場から


建築資材の工場がこんなにも茨城、東北地方に集中していたとは・・・と思うほど、各メーカーより、『出荷不可能」『受注不能』・・・のfaxが届きました。

資材の問屋さんからは「一過性のものではなく、いつまで続くか予測がつきません」との連絡が入りました。

補修工事にうかがいたくても資材が届かなければできません。今日も「できるだけ早く補修をしてほしい・・・」との連絡をいただきましたが、このような状況を理解していただくしかありません。

この一週間緊急対応に追われていたメンバーですが、日頃より、パワーを蓄えておりましたので、今日も現場まわりに出かけています。

来週お引き渡し予定のおうちの床塗装にうかがい、お天気の中床を皆で磨いてきました!

ここは茨城県南エリアなので、計画停電の対象にはなっていないおかげで、現場作業を進めることができます。私どもに電気を供給するために他県の方々に計画停電でご不便をおかけしています。少しでも役に立てるように社内でも節電!!ショールームの電気を少なく点灯、あるいは電球を外しています。今までは防犯のため、ショールームの出入口を明るくして、歩行者の方々が足元危なくないようにしておりましたが、地震直後より、点灯することをやめました。



恵まれている環境に甘んじることなく、自分たちにできること一所懸命やるだけです・
by 1narushimanoie | 2011-03-18 08:55


毎日余震が続きます・・・

昨日は、風が強く、風なのか、トラックの振動なのか、地震なのか判断が付きにくいほど揺れを感じます。

いつも船に揺られているような感じです。

瓦の緊急対応は現在ブルーシートでの養生でしかできません。土のう袋で重石をしても

複雑な屋根形状のところは強風によりブルーシートが外れてしまうところも出てきました。

風が強いと屋根に上ることも危険を伴います。急な斜面のところは命綱をつけての作業です。



大地震の影響により、材料の遅延が各メーカーから連絡が続々と届いております。工場の機能が止まってしまった、交通網や移動のための燃料がない・・などの理由により、大幅な遅れが生じています。先ほども12日に到着予定であった荷物が5日遅れで到着しました。

現在の状況でできることを一所懸命やるしかないです・・ がんばります!!
by 1narushimanoie | 2011-03-17 15:10 | 現場から

不安な毎日ですが・・・

寒さが増してきました。

被災地ということで茨城県では「計画停電」の対象にならずにおります。

しかしながら、避難場所では毛布も十分に行き届かず、寒さに震えている方々がたくさんいらっしゃる・・・何かできることは、やはり節電。日ごろ夜も防犯のために外灯も付けておりましたが、消して、家でも暖房便座のコンセントやPCのコンセントなど入れっぱなしにしない。ショールームでも半分の照明で過ごしています。暖房ももちろん消して、いつもより多めに着こんで仕事をしております。

毎日毎晩余震が続きます。落ち着いたかなと思うと震度3くらいの揺れが始まります。夜はまだ不安でいつもは2階で寝ている娘も地震の日から親子3人川の字で寝ています。

立てかけていたものはすべて寝かせて、ファイル類も下に並べ、家でも同じように暮らしています。

ガソリンスタンドは、長い列をなし、金物やさんでもブルーシートや土のう袋を購入する人、リニューアル開店したファミリーマートさんでは、カップめんもなく、おにぎり類も姿を消しています。

仕事先の業者さんも仕事をしたいけど、燃料がなくて困っているとか、毎月発行していますミニコミ誌用の紙も工業が稼働できず、紙の確保に奔走しました。輸送手段も難しく、宅配便も当てにできない状態です。

被災地の皆さんよりも恵まれている私たちができることは、今目の前で困っている方のために役に立つことです。瓦が崩れてしまったおうちに出向き、社員でできること”ブルーシートをかけて雨をしのぐこと”。ご連絡をいただいたお客様が少しでも不安感をぬぐえるように、できることをやるだけです。
by 1narushimanoie | 2011-03-15 15:10 | 現場から

今自分たちができること

毎日瓦の補修にナルシマメンバーは対応しております。

瓦職人でなくてもできることを考え、とにかく雨の心配をしないように暗くなるぎりぎりまで仕事をしております。壊れた瓦を袋に入れ、またちゃんとしている瓦はもう一度積んだり、ブルーシートをかぶせたりとまだこの時間になっても戻っておりません。まだ余震が続きますが、地下足袋をはいて、滑らないように・・・。

今自分たちができること、すぐにできること、そして計画的にすべきこと、余震が続く中いまこそ一所懸命のパワー全開です!!
大地震の後  110312
by 1narushimanoie | 2011-03-14 15:09 | 現場から

大地震の後

本日開催予定でした「収納セミナー」は中止となりまして、後日開催とさせていただきます。

今日は朝から、全社員でご連絡いただいたお宅の補修の対応に追われています。

緊急養生用のシートも十分に届かず、メンバーでいたるところに走り回っています。

とにかくいまだかつてない状況で、瓦職人だけでは対応が行き届きません。雨をしのぐ養生をいたします。

電話がつながりにくい状況はまだま続くようです。
by 1narushimanoie | 2011-03-12 15:08 | 現場から

大地震発生しました

大地震発生しました  110311


皆さん、大丈夫でしょうか。

まだ余震が続いております。

当社ショールームで打ち合わせをしていた私は「大きくならないだろう・・・」と軽く考えておりましたが、とんでもない!長い地震の結果は、時計が落ち、神棚も落ちてしまい、ファイル類はだぁーと落ちて、いまだかつて経験のない大地震でした。

築90年の材木屋の瓦が崩れ落ち、あやうく車を傷つけてしまうところでした。



瓦が崩れ落ちたおうちの連絡が次々入ってきております。

明日より緊急対応に入らせていただきます。お待ちください。
by 1narushimanoie | 2011-03-11 15:07 | 現場から

今日は教室の最終日です。

今回の内容は、パーソナルカラーモジュールⅠを合格したメンバーを対象に先生が実際に”おしゃれ”に生かす講座を開いてくださいました。

色が持つシーズンを勉強し、自分のカラーを知り、実際の洋服、お化粧、イメージなど今までの思い込みから脱却して、客観的に見てもらって、新しい自分発見をしました。



私は秋カラー・・・。顔色が元気になる、顔のシミしわが目立たなくなる、小顔に見える・・・など色の力は偉大です。まだ皆さんのカラー判断できる力はございませんが、そのようになれるようこれからも勉強を進めていきたいと思います。
by 1narushimanoie | 2011-03-08 15:05